美空ひばり 誰か故郷を想わざる 歌詞

美空ひばり 誰か故郷を想わざるの歌詞を提供しています。 『誰か故郷を想わざる』とは美空ひばりさんが1988/07/21に発売された楽曲です。

誰か故郷を想わざる 歌詞

曲名:誰か故郷を想わざる

発売日:2018/3/4

歌手:美空ひばり

作詞:美空ひばり

作曲:美空ひばり

花摘む野辺に 陽は落ちて
みんなで肩を くみながら
歌をうたった 帰り道
幼馴染みの あの友この友
ああ 誰か故郷を 想わざる

一人の姉が 嫁ぐ夜に
小川の岸で 淋しさに
泣いた涙の なつかしさ
幼馴染みの あの山この川
ああ 誰か故郷を 想わざる

都に雨の 降る夜は
涙に胸も しめりがち
遠く呼ぶのは 誰の声
幼馴染みの あの夢この夢
ああ 誰か故郷を 想わざる

美空ひばりと誰か故郷を想わざると歌詞について

以上が美空ひばり 誰か故郷を想わざるの歌詞です。

  • 美空ひばりの楽曲一覧はこちらから
  • 誰か故郷を想わざる関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

美空ひばり 誰か故郷を想わざるの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。