朝倉さや だもんでレボリューション 歌詞

朝倉さや だもんでレボリューションの歌詞を提供しています。 『だもんでレボリューション』とは朝倉さやさんが2016/04/27に発売された楽曲です。

だもんでレボリューション 歌詞

曲名:だもんでレボリューション

発売日:2018/3/4

歌手:朝倉さや

作詞:朝倉さや

作曲:朝倉さや

カーテン開けて朝の光吸いこんで
昨日見た怖い夢に翼、天へ

天下の家康公も癒されたまち
新幹線のガード下
焼き栗と「くりわり君」

行きかう人みんな、どこへ行くのかなぁ
駅南で出会った同郷の三元豚
突然のパかパンパン

さった峠で富士山

安倍川もち照らす東海道の松
時々休まなきゃ進めないべ
もう一度見たい景色増えていく
世界が呼んでいる音がする

考える犬当たる棒選ぶかな
優しさ幸せは連鎖する
勢いよく落ちてく音止めの滝は
終わらない花火を見てるようで

渦巻くあわあわに隙をあげましょう
ひとつひとつ丁寧にやってぐべ
言うなればパカパンパン

横断歩道で富士山

黒おでんの宝さがし好きな方へ
いろんな思い出しみ込んだ分
もう一度会いたい人増えていく
世界が広がる音がする

朝倉さやとだもんでレボリューションと歌詞について

以上が朝倉さや だもんでレボリューションの歌詞です。

  • 朝倉さやの楽曲一覧はこちらから
  • だもんでレボリューション関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

朝倉さや だもんでレボリューションの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。