なぎら健壱 朝日楼 歌詞

なぎら健壱 朝日楼の歌詞を提供しています。 『朝日楼』とはなぎら健壱さんが1995/12/06に発売された楽曲です。

朝日楼 歌詞

曲名:朝日楼

発売日:2018/3/4

歌手:なぎら健壱

作詞:なぎら健壱

作曲:なぎら健壱

ニューオリンズに女郎屋がある
人呼んで朝日楼
たくさんの女が身をくずし
そうさ あたいも そのひとりさ

かあちゃんの云うこときいてたら
今頃は普通の女
それが若気のいたりで
ばくちうちに だまされた

あたいのかあちゃん仕立屋で
ブルージーンなんかこしらえるんだよ
あたいのいい人 飲助さ
ニューオリンズで 飲んだくれ

飲助に必要なものは
スーツケースとトランクだけさ
あの人の機嫌のいいのは
酔っぱらってる時だけさ

グラスに酒をみたして
じゃんじゃんのみまわす
この世で一番の楽しみは
そりゃ 旅に出ることさ

かわいい妹に云っておくれ
あたいのまねするなと
ニューオリンズへ近よるな
あの朝日楼へ

妹にうしろがみをひかれ
汽車に乗ってくあたい
ニューオリンズへ帰ってく
あの囚人の暮しに

ニューオリンズへ帰ろう
命ももうつきる
帰って余生を送ろうか
あの朝日楼で

ニューオリンズへ帰ろう
朝日がもう昇る
帰って余生を送ろうか
あの朝日のあたる家で

なぎら健壱と朝日楼と歌詞について

以上がなぎら健壱 朝日楼の歌詞です。

  • なぎら健壱の楽曲一覧はこちらから
  • 朝日楼関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

なぎら健壱 朝日楼の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。