Walkings 台風 歌詞

Walkings 台風の歌詞を提供しています。 『台風』とはWalkingsさんが2016/04/06に発売された楽曲です。

台風 歌詞

曲名:台風

発売日:2018/3/4

歌手:Walkings

作詞:Walkings

作曲:Walkings

天気の良い日には友達がやられてる
鼻がツンとするほど 飛沫を浴びている
俺の嘘に付き合ったばかり 彫刻みたいになっている
誰かが耳をそばたててるかもしれないから気は抜けない

気があう仲間だと思わせぶりな態度
本気に受け取ったあいつは 電話をたまにくれる
肘を曲げるかのように単純に 思いやりをくれる 思いやりをくれる

傘を持ってくね チャリを飛ばして 商店街の屋根の下で待ってて
タオルを巻いてる 頭に降られてる おじいさん見かけたが君のところへ
ゆく

関東地方晴れてる時 エチオピア雨が降る
カムチャツカで夢を見てる 夢を俺ん家で見てる
またまた別の場所で 誰かが打たれてる
コンビニでパクった傘が 何本か玄関に溜まってる

Walkingsと台風と歌詞について

以上がWalkings 台風の歌詞です。

  • Walkingsの楽曲一覧はこちらから
  • 台風関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Walkings 台風の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。