辻林美穂 真夏のかけら 歌詞

辻林美穂 真夏のかけらの歌詞を提供しています。 『真夏のかけら』とは辻林美穂さんが2016/04/20に発売された楽曲です。

真夏のかけら 歌詞

曲名:真夏のかけら

発売日:2018/3/4

歌手:辻林美穂

作詞:辻林美穂

作曲:辻林美穂

きつく結わえた 髪をなでる爽風
片蔭の切れ端
息を切らして 重いペダルを漕いだ
あの丘の上まで

瞬くことさえ許さない 強くささる光が
私の胸の奥で 弾ける音がしたの

優しく掬い上げた 真夏の欠片
いつか色褪せてしまっても 忘れないで

遠く離れた あなたの元へ行こう
電話越しの声に
耳を澄まして 夢の続きを読んだ
真夜中の果てまで

つまずくことさえ許さない つらく当たる光が
私の胸の奥で こぼれる音がしたの

密かに紡ぎあげた 真夏の記憶
いつか古ぼけてしまっても 忘れないわ

とろり 微睡むあなたを見つめて
ちくり刺す時の針をそっと抜いた
いつまでもそばにいて

優しく掬い上げた 真夏の欠片
いつか色褪せてしまっても 忘れないで

密かに紡ぎあげた 真夏の記憶
いつか古ぼけてしまっても 忘れないわ

辻林美穂と真夏のかけらと歌詞について

以上が辻林美穂 真夏のかけらの歌詞です。

  • 辻林美穂の楽曲一覧はこちらから
  • 真夏のかけら関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

辻林美穂 真夏のかけらの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。