神野美伽 おんな演歌節 歌詞

神野美伽 おんな演歌節の歌詞を提供しています。 『おんな演歌節』とは神野美伽さんが1988/04/01に発売された楽曲です。

おんな演歌節 歌詞

曲名:おんな演歌節

発売日:2018/3/4

歌手:神野美伽

作詞:神野美伽

作曲:神野美伽

浮世の荒波 乗り越えりゃ
見えて来るのさ 幸せ灯り
男まさりで 色気はないが
義理と情を 両手でつかみ
ひと声 聞かそか あゝ演歌節

泣きたい時には 泣くがいい
それが女の 生き方なのさ
恋の苦労も 楽ではないと
分かるそばから 諦らめました
ひと声 聞かそか あゝ演歌節

未練になるから 袖ひくな
夢の汐路で 逢おうじゃないか
昨日情に ほろりと泣いて
今日は旅立つ おさらば港
ひと声 聞かそか あゝ演歌節

神野美伽とおんな演歌節と歌詞について

以上が神野美伽 おんな演歌節の歌詞です。

  • 神野美伽の楽曲一覧はこちらから
  • おんな演歌節関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

神野美伽 おんな演歌節の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。