財津和夫 虹色の心~あるいは母の掌~ 歌詞

財津和夫 虹色の心~あるいは母の掌~の歌詞を提供しています。 『虹色の心~あるいは母の掌~』とは財津和夫さんが2001/09/21に発売された楽曲です。

虹色の心~あるいは母の掌~ 歌詞

曲名:虹色の心~あるいは母の掌~

発売日:2018/3/4

歌手:財津和夫

作詞:財津和夫

作曲:財津和夫

寒い朝には 手に息をかけて
あなたの手のひらが 私を温めた
決して忘れない あなたに甘えた日々
その掌が 私を育てたから

離れた街で やっと知りました
心に虹を あなたはくれた

洗濯物干しながら 話しかけてくれた
あなたを見上げたら 青い空が眩しくて
決して忘れない あなたに甘えた日々
そのやさしさが 私を育てたから

覚えています ささやく声を
眠る私に うたってくれた

あなたの愛の力で 私は生きてる
いつも強い力で 抱きしめてくれたから

子供にもどって あなたを呼ばせて
もいちど包んで 母の腕で

あなたにいつかもらった 虹色の心
きっと伝えるでしょう 私の子供たちにも

あなたもきっと歩いた 虹の上を歩こう
あなたを感じながら

あなたの愛の力で 私は生きてる
いつも強い力で 抱きしめてくれたから

あなたにいつかもらった 虹色の心
きっと伝えるでしょう 私の子供たちにも

あなたの愛の力で 私は生きてる
いつも強い力で 抱きしめてくれたから

財津和夫と虹色の心~あるいは母の掌~と歌詞について

以上が財津和夫 虹色の心~あるいは母の掌~の歌詞です。

  • 財津和夫の楽曲一覧はこちらから
  • 虹色の心~あるいは母の掌~関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

財津和夫 虹色の心~あるいは母の掌~の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。