財津和夫 あの日見た虹 歌詞

財津和夫 あの日見た虹の歌詞を提供しています。 『あの日見た虹』とは財津和夫さんが2001/09/21に発売された楽曲です。

あの日見た虹 歌詞

曲名:あの日見た虹

発売日:2018/3/4

歌手:財津和夫

作詞:財津和夫

作曲:財津和夫

ぼくらの日々には 虹が見えたね
やさしさくれたね 悲しい時にも

迷ったときには あの日見た虹
眼を閉じ待つのさ 扉を開いて

若い日々も今は夜の空で 遠い星に姿変えたけど

つまずき倒れたなら あの虹浮かべて
もう一度歩き出せるさ 新しい夢へ

いつでもいつでも走りつづけた
若さの後ろに 理由(わけ)なんかないさ

緑色の木の葉もいつかは 道の上で色を変えたけど

流れて辿りついた 小さな窓にも
見えるよ 鮮やかなあの日の虹が

自分をさがして ここまで来たよ
いつくも嵐を 駆けぬけここまで

ぼくらは知っているさ 一緒に見たから
心を躍らせたよ あの虹の上で

歩こう虹をこえて もういちど翼を
今でも飛び立てるさ あの日の虹へ
あの日の虹へ あの日見た虹

財津和夫とあの日見た虹と歌詞について

以上が財津和夫 あの日見た虹の歌詞です。

  • 財津和夫の楽曲一覧はこちらから
  • あの日見た虹関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

財津和夫 あの日見た虹の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。