宇多田ヒカル 真夏の通り雨 歌詞

宇多田ヒカル 真夏の通り雨の歌詞を提供しています。 『真夏の通り雨』とは宇多田ヒカルさんが2016/04/15に発売された楽曲です。

真夏の通り雨 歌詞

曲名:真夏の通り雨

発売日:2018/3/4

歌手:宇多田ヒカル

作詞:宇多田ヒカル

作曲:宇多田ヒカル

夢の途中で目を覚まし
瞼閉じても戻れない
さっきまで鮮明だった世界 もう幻

汗ばんだ私をそっと抱き寄せて
たくさんの初めてを深く刻んだ

揺れる若葉に手を伸ばし
あなたに思い馳せる時
いつになったら悲しくなくなる
教えてほしい

今日私は一人じゃないし
それなりに幸せで
これでいいんだと言い聞かせてるけど

勝てぬ戦に息切らし
あなたに身を焦がした日々
忘れちゃったら私じゃなくなる
教えて 正しいサヨナラの仕方を

誰かに手を伸ばし
あなたに思い馳せる時
今あなたに聞きたいことがいっぱい
溢れて 溢れて

木々が芽吹く 月日巡る
変わらない気持ちを伝えたい
自由になる自由がある
立ち尽くす 見送りびとの影

思い出たちがふいに私を
乱暴に掴んで離さない
愛してます 尚も深く
降り止まぬ 真夏の通り雨

夢の途中で目を覚まし
瞼閉じても戻れない
さっきまであなたがいた未来
たずねて 明日へ

ずっと止まない止まない雨に
ずっと癒えない癒えない渇き

宇多田ヒカルと真夏の通り雨と歌詞について

以上が宇多田ヒカル 真夏の通り雨の歌詞です。

  • 宇多田ヒカルの楽曲一覧はこちらから
  • 真夏の通り雨関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

宇多田ヒカル 真夏の通り雨の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。