岩崎愛 knock knock 歌詞

岩崎愛 knock knockの歌詞を提供しています。 『knock knock』とは岩崎愛さんが2016/03/16に発売された楽曲です。

knock knock 歌詞

曲名:knock knock

発売日:2018/3/4

歌手:岩崎愛

作詞:岩崎愛

作曲:岩崎愛

oh baby 始まりの合図
knock knock 聴こえてきた
僕はそっとドアチェーンを外しながら誘う
何もない部屋へ
Hello Hello

穴のあいたジーンズ まだ冷たいフローリング
工事現場のドリルが鳴り響いている
僕は気にもとめずに ギターを弾いている
日当りだけがある部屋でギターを弾いている

あれもこれも欲しがって全部消えてしまった
僕は一体何をしたかったんだろうか
この部屋と同じ空っぽ
また一からやるしかないよ
腐りかけた情熱を持って歩き続ける

oh baby 僕ら何度目の「さよなら」の上に立っているの
傷付いて傷付けて それでもまた笑う
何もなかったみたいになるの?

何も変わらずに生きてゆくことなんて無理さ
わかってる
それでも変わらない想いが僕をつないでいくよ

oh baby 僕ら何度目の「はじまり」の上に立っているの
つまずいて 泣きつかれても また立ち上がる
その場所がスタートラインになるよ

oh baby 僕ら始まりの合図
knock knock 聴こえてきた
僕はそっとドアチェーンを外しながら誘う
何もなかった部屋へ
Hello Hello

We can go to the start line anytime
You can go to the start line anytime

岩崎愛とknock knockと歌詞について

以上が岩崎愛 knock knockの歌詞です。

  • 岩崎愛の楽曲一覧はこちらから
  • knock knock関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

岩崎愛 knock knockの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。