speena ガールフレンド 歌詞

speena ガールフレンドの歌詞を提供しています。 『ガールフレンド』とはspeenaさんが2007/01/31に発売された楽曲です。

ガールフレンド 歌詞

曲名:ガールフレンド

発売日:2018/3/4

歌手:speena

作詞:speena

作曲:speena

さよならは夢によく似てる 嘘っぽい本当
さしてドラマチックでもなくて まばたきみたいよ
あれは遠い春の事 つつじの坂道登り 苺片手に来た君は
涙も枯れた私の心を優しくなでてくれました
ガールフレンド君がいない日々は そっと巡って冬景色
向こうで待つ春を前に ふっと香ったユキノシタ。
移ろいは誰にも止められない わかっていたって 濡れたまつげ
乾く間も知らないわ あれは遠い夏の事
駅に向かう靴音が 人込みの中に響いて
涙があふれる前に手を振って小さな路地に逃げ込んだ
ガールフレンド 君がそうしたよに そっとそうっと泣いたんだ
こぼれそうな苦い声を ぐっとぐうっと閉じ込めて
ガールフレンド 君がいない日々は そっと巡って冬景色
向こうで待つ朝を前に ふっと月と目があえば
なんてことない 明日がいい日になりますようにって願うだけ。

speenaとガールフレンドと歌詞について

以上がspeena ガールフレンドの歌詞です。

  • speenaの楽曲一覧はこちらから
  • ガールフレンド関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

speena ガールフレンドの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。