シンリズム 通学電車 歌詞

シンリズム 通学電車の歌詞を提供しています。 『通学電車』とはシンリズムさんが2016/04/16に発売された楽曲です。

通学電車 歌詞

曲名:通学電車

発売日:2018/3/4

歌手:シンリズム

作詞:シンリズム

作曲:シンリズム

通学電車 朝影照らす席は
俯き字を追うあの子が座ってる

君の事は何も知らない僕だけど
その瞳に惹かれてゆく

声かければ 近づいていけたのかも
こんなにも簡単なのに
僕はいつも 興味のない演技をする
ホームに着いたら
さようなら

通学電車 変化のない景色を
眺める振りはもう慣れたもんだ

最初の一言は何度も考えた
あとは自然に話すだけさ

ぱっと一言 それだけで変わったのかも
こんなにも気になっているのに
僕はいつも 何もせず電車を降りる
ホームに着いたら
さようなら

本当は気づいていたよ
自分の度胸のなさに
何かきっかけがあればなんて
(思っている)
バカな考えだな

声かければ 近づいていけたのかも
こんなにも簡単なのに
僕はいつも 興味のない演技をする
少しの勇気を持って

ぱっと一言 それだけで変わったのかも
こんなにも気になっているのに
僕はいつも 何もせず電車を降りる
ホームに着いたら
さようなら

シンリズムと通学電車と歌詞について

以上がシンリズム 通学電車の歌詞です。

  • シンリズムの楽曲一覧はこちらから
  • 通学電車関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

シンリズム 通学電車の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。