出雲咲乃 少女の如く、女の如く。 歌詞

出雲咲乃 少女の如く、女の如く。の歌詞を提供しています。 『少女の如く、女の如く。』とは出雲咲乃さんが2016/04/06に発売された楽曲です。

少女の如く、女の如く。 歌詞

曲名:少女の如く、女の如く。

発売日:2018/3/4

歌手:出雲咲乃

作詞:出雲咲乃

作曲:出雲咲乃

昨日の事が今、遥か昔の様
自ずと変わる私を隣で見ていて

生きているだけでは物足りないの
好きな様に生きていく事も足りない

“変わらないな”そう言って
当たり前の言葉は大嫌い、確かな程。

始まりは常に嘘に塗れている
さよならはいつだって真実を語る
どちらも汚れてみえたのは、何故。

帰らない今日にさよなら
癒えぬ病に恋をした儘「はじめまして。」

出雲咲乃と少女の如く、女の如く。と歌詞について

以上が出雲咲乃 少女の如く、女の如く。の歌詞です。

  • 出雲咲乃の楽曲一覧はこちらから
  • 少女の如く、女の如く。関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

出雲咲乃 少女の如く、女の如く。の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。