太田裕美 かなしみ葉書 歌詞

太田裕美 かなしみ葉書の歌詞を提供しています。 『かなしみ葉書』とは太田裕美さんが1991/05/15に発売された楽曲です。

かなしみ葉書 歌詞

曲名:かなしみ葉書

発売日:2018/3/4

歌手:太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:太田裕美

泣きはらした目に絵葉書が揺れる
あなた遠い町でさよなら書いたのは
せめてもの私へのいたわりね

吊り橋の写真 選んだ理由は
心の架け橋がなかったせいかしら
やさしさを読みとれば胸がつまるわ
あなたと私の淋しさを足せば
それが愛と信じていたの
去りゆく季節を追いかけてみても
あなたはもう帰らないの

旅立ちの前にここに来たあなた
せめてその隣に私を横たえて
なぐさめる事くらいできたはずだわ
あなたと私の淋しさを足せば
それが愛と信じていたの
去りゆく季節が手に残したのは
インク滲む絵葉書だけ

太田裕美とかなしみ葉書と歌詞について

以上が太田裕美 かなしみ葉書の歌詞です。

  • 太田裕美の楽曲一覧はこちらから
  • かなしみ葉書関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

太田裕美 かなしみ葉書の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。