鈴木祥子 あじさい 歌詞

鈴木祥子 あじさいの歌詞を提供しています。 『あじさい』とは鈴木祥子さんが1995/06/21に発売された楽曲です。

あじさい 歌詞

曲名:あじさい

発売日:2018/3/4

歌手:鈴木祥子

作詞:鈴木祥子

作曲:鈴木祥子

水たまりは虹色 紫陽花はむらさき
昨日のことみたいな
あの街で暮らしてた日々を想うよ

急な雨に降られて 逃げこんだ軒先
コートも傘もないのに
笑いながら公園まで 自転車を飛ばした

となり町の踏切から 強い風に吹かれてくる
今よりもすこし幼い あなたとわたしを
駆けよったら 思いきり抱きしめてあげたい

水たまりは虹色 紫陽花はむらさき
ふたりは恋してただけ
ふりかえる街並みに光が差してく

古い教会の曲がり角を 強い風に吹かれてくる
今よりもすこし幼い あなたとわたし
駆けよったら 思いきり抱きしめてあげたい

水たまりは虹色 ふたりは恋してただけ

強い風に吹かれてくる
駆けよったら抱きしめてあげたい

振りかえる屋根のうえに 虹がかかる

水しぶきはダイアモンド 藤棚はアメジスト

ふたりは恋してただけ

鈴木祥子とあじさいと歌詞について

以上が鈴木祥子 あじさいの歌詞です。

  • 鈴木祥子の楽曲一覧はこちらから
  • あじさい関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

鈴木祥子 あじさいの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。