鈴木祥子 破局 歌詞

鈴木祥子 破局の歌詞を提供しています。 『破局』とは鈴木祥子さんが1999/12/10に発売された楽曲です。

破局 歌詞

曲名:破局

発売日:2018/3/4

歌手:鈴木祥子

作詞:鈴木祥子

作曲:鈴木祥子

ふたりはあの夏の日に 出会うように生きていた

すでにダイスはころがっていた あの夏の日に。

どんな恋もはじまりは 向うところ敵ナシで
どんな恋でも終わりのときにすべてがわかる。

間違いだなんて信じたくはないから 正しい理由をかぞえてみるよ、
どんな人だってそうでしょう?

あぁこんな日に あぁ誰もいない あぁ電話して あたしをつかまえて。
海でも連れてって。

時はどーしてこんなに残酷なんだろう?知りたくないこと全部おしえて、
遠くなってゆくのね。

愛は幻想だってこと知って、そして、

あぁこんな日に あぁ誰もいない あぁ電話して あたしをつかまえて。

あぁ夢と希望 あぁ愛と平和 あぁそれだけであたしは救われるのに。
波にさらわれる前に。

鈴木祥子と破局と歌詞について

以上が鈴木祥子 破局の歌詞です。

  • 鈴木祥子の楽曲一覧はこちらから
  • 破局関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

鈴木祥子 破局の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。