鈴木祥子 Father Figure 歌詞

鈴木祥子 Father Figureの歌詞を提供しています。 『Father Figure』とは鈴木祥子さんが2008/09/10に発売された楽曲です。

Father Figure 歌詞

曲名:Father Figure

発売日:2018/3/4

歌手:鈴木祥子

作詞:鈴木祥子

作曲:鈴木祥子

刺さるコトバや、あからさまなタイドで、
あたしは傷つけられて、
この世界に居る場所なんて無いと思った。

あなたと居ると、そんなことすべて、
忘れていられたんだ、ああ
そして、自分を失くすことを学んだ。

あたしの目の前に在る世界のこわいくらいの完璧さ、
あのときあなたが居て、夜が世界一大きな公園で、
星と観覧車と月。小さい女の子みたいに
あたしは視てたんだ。

自分、っていう謎を解きあかしてく
ゲームに疲れていたんだ、
甘い想い出、だけをみていたかったんだ。

あなたの声が、あたしの耳を
甘くあまく溶かして、ああ
そして、“未来”はあまりに切なかった。

あたしの目の前に在る世界のこわいくらいの完璧さ、
あのときあなたと居て、夜が世界一小さな楽園で、
星と観覧車と月。あなたのやわらかい髪を、
あたしは抱いたんだ。

あなたはfather figure, この世界のこわいくらいの完璧さ、
あのときあなたが居て、夜が世界一大きな公園で、
星と観覧車と月。小さい女の子みたいに
あたしは視てたんだ。
あなたを視てたんだ。

自分、っていう謎を解きあかしてく
ゲームはもう終わりだね。

だって、あたしは今ここで生きてるから。
今、ここで生きてるから。

鈴木祥子とFather Figureと歌詞について

以上が鈴木祥子 Father Figureの歌詞です。

  • 鈴木祥子の楽曲一覧はこちらから
  • Father Figure関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

鈴木祥子 Father Figureの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。