鈴木祥子 夜の中へ 歌詞

鈴木祥子 夜の中への歌詞を提供しています。 『夜の中へ』とは鈴木祥子さんが1995/06/21に発売された楽曲です。

夜の中へ 歌詞

曲名:夜の中へ

発売日:2018/3/4

歌手:鈴木祥子

作詞:鈴木祥子

作曲:鈴木祥子

最終列車が長い光の列になって 遠い陸橋を渡る頃
もう帰る手だてのないふたりは この川べりで
夜と誰よりも親しい友達になる

川のせせらぎが聞こえる そっと
風の笛を耳元に響かせて
散らばった空き缶と 白い泡の流れる川辺で
夜と遠い夢と 疲れない愛を持って

すべてが今すぐ 叶う気がした
ふたりはどこへでも 行ける気がした
行くあてもない あたたかく甘い
風が吹く夜の中へ

川の向こうにゆれる ひとつひとつの灯りは
涙や痛みや 微笑みを静かに包んでる
夜の中では みんな 同じくらい自由だね
明日までの長く重く 遠い旅を続けてる

すべてがいつかは 消える夢でも
ただひとつの祈りが届かなくても
あきらめはしない 果てしなく遠い
夜を越えてゆけるまで

鈴木祥子と夜の中へと歌詞について

以上が鈴木祥子 夜の中への歌詞です。

  • 鈴木祥子の楽曲一覧はこちらから
  • 夜の中へ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

鈴木祥子 夜の中への歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。