asobius big love lovers 歌詞

asobius big love loversの歌詞を提供しています。 『big love lovers』とはasobiusさんが2016/04/13に発売された楽曲です。

big love lovers 歌詞

曲名:big love lovers

発売日:2018/3/4

歌手:asobius

作詞:asobius

作曲:asobius

いつか遠くへ 大人ぶっても
街も出れず 苛立つ僕に

君は舞い落ちた春の女神

触れたい心に すれ違う二人
あどけない距離を縮めていく

真っ赤に絡まった繭をそっと
ほどいた涙で洗い流して
綺麗な藤色の瞳で笑っていて

君の為なら 僕は馬鹿になる
ぎゅっと手を握り 虹の輪を放つ

重なる恋が動き出したら
全てが敵でも構わないから
誰もがうらやむキスをしたら
世界がI love you

どうして君じゃないとダメかなんて知らないけど
朝目が覚め 眠る君の寝顔を眺めてたくて ずっと

君を追いかけ飛んで捕まえる
ぎゅっと 抱きしめてもう離さないよ

君の為なら僕は馬鹿になる
ぎゅっと手を握り 虹の輪を咲かす

命をかけた恋をしたら
君の罪も背負いたいから
誰もがうらやむキスをしたら
世界がI love you

asobiusとbig love loversと歌詞について

以上がasobius big love loversの歌詞です。

  • asobiusの楽曲一覧はこちらから
  • big love lovers関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

asobius big love loversの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。