After the Rain ネバーエンディングリバーシ 歌詞

After the Rain ネバーエンディングリバーシの歌詞を提供しています。 『ネバーエンディングリバーシ』とはAfter the Rainさんが2016/04/13に発売された楽曲です。

ネバーエンディングリバーシ 歌詞

曲名:ネバーエンディングリバーシ

発売日:2018/3/4

歌手:After the Rain

作詞:After the Rain

作曲:After the Rain

最低なことは今日も最低なままだ 体温計も振り切ってるんだ
大人しくしていなさいって羊が言う 教えてよアインシュタイン

愛情なんてものは丸めゴミに出して 赤い街灯を潜り抜ける
取扱注意の上 木ぐつで乗り 逆らってメゾフォルテ

こっちへ来てメーヴェ 君の羽に乗って雨雲の向こうへ
みんな不安そうな顔しちゃって綱渡り
こりゃまるでサーカスだ

満たされない夜に泣いていたパレード
月で陰った時計塔
オセロを全て白に返せば
本当に平和になるのかい?どうだい?

明かりの灯らない裏側は黒くなること
誰も見ないように 誰も見ないさ
愛のろうそく 君が遮って
出来た夜におやすみなさい

期待をしたいんだニーチェ 笑ってくれよアリーチェ 望遠鏡を傾けて
星なんてない空にアンドロメダ 綴るセカイ系のストーリー

愛情なんてものは丸めゴミに出して 信号待ちを潜り抜ける
取扱注意の上 木ぐつで乗り 逆らってフォルティシモ

未来も過去もこのコインの裏表に任せ
愛の讃美歌 交わす偽貨
多少汚れても構いはしない

名前もない夜に泣いていたテレーゼ
月で陰った時計塔
鳥が歩けない理由に気づく
便利な翼が憎らしいもんだ

明かりの灯らない暗闇を覗いてみた
どんな光も欲しがるようだ
空のグラスがかつて満たされた
ぬくもりに恋しているように

この世に涙があるから
笑顔が綺麗に見えるんだ
表も裏も愛せるならどれほど素敵だろう?
そうさ これでいい

満たされない夜に泣いていたパレード
月で陰った時計塔
オセロを全て白に返せば
本当に平和になるのかい?どうだい?

明かりの灯らない裏側は黒くなること
誰も見ないように 誰も見ないさ
愛のろうそく 君が遮って
出来た夜におやすみなさい

何十年も何百年も繰り返しては終わらない

After the Rainとネバーエンディングリバーシと歌詞について

以上がAfter the Rain ネバーエンディングリバーシの歌詞です。

  • After the Rainの楽曲一覧はこちらから
  • ネバーエンディングリバーシ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

After the Rain ネバーエンディングリバーシの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。