銀杏BOYZ 生きたい 歌詞

銀杏BOYZ 生きたいの歌詞を提供しています。 『生きたい』とは銀杏BOYZさんが2016/04/13に発売された楽曲です。

生きたい 歌詞

曲名:生きたい

発売日:2018/3/4

歌手:銀杏BOYZ

作詞:銀杏BOYZ

作曲:銀杏BOYZ

あなたに あなたに
伝えたいことがあります。
あなたに あなたに ひとつ ふたつ
伝えたいことがあります。

あなたには あなたには
愛するひとはいますか。
いつも隣りにあるものですか。
遠くはなれて おもうひとですか。

愛して 愛されて
あたたかな陽だまりの陰に
それでも満たされない心が 行き場なく
黒い油になって しみていきます。

罪のようなものを 感じるのです。
僕は罪のようなものを 感じるのです。
何もしていないと 言い聞かせても。
誰も悪くないと 目を閉じようとも。

僕は地震に怯えています。
放射能がとてもこわいです。
なによりもっとおそろしいものは
言葉足らずですが 自分のなかの罪にあるのです。

僕は僕を罰しなければと。
僕は僕を罰しなければと。
「おまえは間違っている」。
「おまえは間違っている」と。

だから僕は歌うんです。
だから僕は歌うんです。
だから僕は歌うんです。
だから僕は歌うんです。
消えたいと願うように。消えまいとすがるように。
生きているだけで
輝いてみたいよ。

真っ黒いのがつめたいよ。
真っ黒いのがつめたいよ。
真っ黒いのが。
愛するもののために。愛するがゆえに。
そうやって生まれた罪に
こうやって歌うんです。

新宿のラブホテルで
女を買いました。
白いパーカーいちまいの女に
二万五千円をやりました。

わたしには家がないの。
だから毎日のように 誰かと寝てるの。
笑いながら話す女の目には
黒い玉がひとつ ありました。

薄暗い部屋のなかで
何度もまぐわいました。
たるんだ腹の上にへばりついて
やりきれないのを やりました。

濁った夜中の 天井に
女は小さく言ったんです。
わたしはいつか 幸せになれるかな。
子どもの名前は ひかりにしたいな。

幸せになりたいよ。
幸せになりたいよ。
幸せになりたいよ。
幸せになりたいよ。
新宿の街みたいに わたしキレイになんかなれないけど。
生きているだけで
輝いてみたいよ。

真っ黒いのがつめたいの。
真っ黒いのがつめたいの。
真っ黒いのが。
なくしたもののために。なくしちゃったために。
そうやって生まれた罪を
こうやって抱きしめるんです。

あなたには あなたには
愛するひとはいますか。
いつも隣りにあるものですか。
遠くはなれて おもうひとですか。

白線の内側まで下がって。
白線の内側まで下がって。
約束の時間を とうに過ぎて。
僕を待っているあのひとのことを おもっています。

たくさんのひとの背中にまざって。
電車に揺られながら。
正直さは手すりに寄りかかって。
僕を待っているあのひとのことを おもっています。

車窓からは家々の灯りが
オレンジ色にぼやけて。
今にも泣きだしてしまいそうな
この湿度を どうか離さないで。

たくさんのひとの背中にまざって。
電車に揺られながら。
改札の向こうから 手をふる
僕を待っているあのひとのことを おもっています。

生きたくってさ。
生きたくってさ。
生きたくってさ。
生きたくってさ。
醜いものだろうと。見えにくいだろうと。
生きているだけで
輝いてみせるよ。

生きたくってさ。
生きたくってさ。
生きたくってさ。
愛するもののために。愛するがゆえに。
そうやって生まれた罪に
こうやって歌うんです。

生きたくってさ。
生きたくってさ。
生きたくってさ。
なくしたもののために。なくしちゃったために。
そうやって生まれた罪を
こうやって抱きしめるんです。

銀杏BOYZと生きたいと歌詞について

以上が銀杏BOYZ 生きたいの歌詞です。

  • 銀杏BOYZの楽曲一覧はこちらから
  • 生きたい関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

銀杏BOYZ 生きたいの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。