五木ひろし 青春譜 歌詞

五木ひろし 青春譜の歌詞を提供しています。 『青春譜』とは五木ひろしさんが2016/04/13に発売された楽曲です。

青春譜 歌詞

曲名:青春譜

発売日:2018/3/4

歌手:五木ひろし

作詞:五木ひろし

作曲:五木ひろし

丸い小さな陽ざしが
部屋の片隅 横切った
北向きの部屋だけど
ふたりの世界があった
肩をたがいに寄せあい
カーテンのない窓越しに
寒そうな空見上げ
きれいな星ねと言った

青春と呼ぶには
貧しすぎたけど
若さだけで生きていた
あの頃… あの頃…

長いマフラーふたりで
首に巻いてはよく行った
夕暮れの公園は
落葉がカサカサ鳴った
屋台そば屋のおじさんは
太い指で箸をとり
苦しさに負けるなと
熱いラーメンくれた

青春と呼ぶには
貧しすぎたけど
若さだけで生きていた
あの頃… あの頃…

若さだけで 生きていた
あの頃… あの頃…

五木ひろしと青春譜と歌詞について

以上が五木ひろし 青春譜の歌詞です。

  • 五木ひろしの楽曲一覧はこちらから
  • 青春譜関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

五木ひろし 青春譜の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。