五輪真弓 忘れたくない恋 歌詞

五輪真弓 忘れたくない恋の歌詞を提供しています。 『忘れたくない恋』とは五輪真弓さんが1990/10/21に発売された楽曲です。

忘れたくない恋 歌詞

曲名:忘れたくない恋

発売日:2018/3/4

歌手:五輪真弓

作詞:五輪真弓

作曲:五輪真弓

忘れたくない恋だけど
手紙をあなたに綴った
二人の出会いからの話
ポストに入れたら赤くもえた

あんなに熱い心寄せ合って
降りしきる雨の日に二人
さしたひとつの傘も
今はすぼめたままひらかない

銀杏並木が色づいた
季節になると思い出す
あなたの最後の姿
足早に歩く靴音

木の葉が散りおちて
雪のように舞い 凍えそうな
冬も 二人しのいだ部屋に
もう 灯りさえともらない

あしたは忘れるためのシールで閉じた
この手紙があなたに届けば
それで一つの恋にさようなら

五輪真弓と忘れたくない恋と歌詞について

以上が五輪真弓 忘れたくない恋の歌詞です。

  • 五輪真弓の楽曲一覧はこちらから
  • 忘れたくない恋関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

五輪真弓 忘れたくない恋の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。