太田裕美 七つの願いごと 歌詞

太田裕美 七つの願いごとの歌詞を提供しています。 『七つの願いごと』とは太田裕美さんが1991/05/15に発売された楽曲です。

七つの願いごと 歌詞

曲名:七つの願いごと

発売日:2018/3/4

歌手:太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:太田裕美

四月になれば何かが変わる
ふと目にとまる路ばたの花
心ひかれてしまうのは
思いもよらない恋が芽生えたから

五月になれば何かが変わる
あなたの白いズックが光る
真っ赤な靴をひきよせる
歩きはじめれば愛という名の径

六月になれば何かが変わる
小雨ふる日に手紙がこんな
待ちどおしいと想うのは
淋しい心が滲んでしまうから

七月になれば何かが変わる
眠れない夜 羊を数え
それでも何故か寝つけない
羊の隣りにあなたが見えるから

八月になれば何かが変わる
白いペンキの避暑地の店で
見つめあう瞳がはずんでる
サイダーびんから気球が飛んでゆく

九月になれば何かが変わる
すれ違ってくふたりの会話
ふみ切り越しのボール投げ
ひとつの嘘から谷間が広がった

十月になれば全てが変わる
青空を見て胸いたむのは
大事なものを失った
心のすき間に青さがしみるから

太田裕美と七つの願いごとと歌詞について

以上が太田裕美 七つの願いごとの歌詞です。

  • 太田裕美の楽曲一覧はこちらから
  • 七つの願いごと関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

太田裕美 七つの願いごとの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。