太田裕美 青春のしおり 歌詞

太田裕美 青春のしおりの歌詞を提供しています。 『青春のしおり』とは太田裕美さんが1991/05/15に発売された楽曲です。

青春のしおり 歌詞

曲名:青春のしおり

発売日:2018/3/4

歌手:太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:太田裕美

机の上の赤毛のアンに
しおりがわりのあなたの手紙
涙にしみた青いインクが
遠い昨日ににじんでいるわ
悩みといえばソバカスなんて
今おもったら夢のようだわ
キスがちっとも甘くないこと
気付いてからの味気ない日々

CSNYなど聞きだしてから
あなたは人が変わったようね
髪をのばして授業をさぼり
自由に生きてみたいと言った
みんな自分のウッドストック
緑の園を探していたの
夢ひとつずつ消えてゆくたび
大人になった味気ない日々

他の娘連れたあなたの背中
ウインドウ越しに元町で見た
背のびをしてた自分の影を
舗道の上に見つけて泣いた
若い季節のかわり目だから
誰も心の風邪をひくのね
童話の本を閉じてしまえば
全てまぼろし味気ない日々

太田裕美と青春のしおりと歌詞について

以上が太田裕美 青春のしおりの歌詞です。

  • 太田裕美の楽曲一覧はこちらから
  • 青春のしおり関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

太田裕美 青春のしおりの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。