麻倉未稀 九月には帰らない 歌詞

麻倉未稀 九月には帰らないの歌詞を提供しています。 『九月には帰らない』とは麻倉未稀さんが1988/02/21に発売された楽曲です。

九月には帰らない 歌詞

曲名:九月には帰らない

発売日:2018/3/4

歌手:麻倉未稀

作詞:麻倉未稀

作曲:麻倉未稀

九月には 帰らない
ただひとり 残っても
明日あたり 燈台へ
波しぶき 見に行こう

未来が霧に 閉ざされていた頃は
この潮さいが 重すぎて 泣いた

今はもう 負けないわ
九月には 帰らない

無口な人は 夏の日の儚(はかな)さを
上手く言えずに バスの窓 下ろす

今はもう 負けないわ
九月には 帰らない
九月には 帰らない

麻倉未稀と九月には帰らないと歌詞について

以上が麻倉未稀 九月には帰らないの歌詞です。

  • 麻倉未稀の楽曲一覧はこちらから
  • 九月には帰らない関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

麻倉未稀 九月には帰らないの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。