堀内孝雄 抱いてやろうか 歌詞

堀内孝雄 抱いてやろうかの歌詞を提供しています。 『抱いてやろうか』とは堀内孝雄さんが1991/06/01に発売された楽曲です。

抱いてやろうか 歌詞

曲名:抱いてやろうか

発売日:2018/3/4

歌手:堀内孝雄

作詞:堀内孝雄

作曲:堀内孝雄

抱いてやろうか 色恋ぬきで
あいつのことを 忘れたいなら
胸の丸みや 躰の線が
あぶなっかしくて 見てられないよ

口べただから 思ったことが
言葉にならず 手が先に出る
ひと晩泣いて 夜通し泣いて
ひと皮むけた 女になるがいい

抱いてやろうか 色恋ぬきで
おまえと俺の 愛情物語

抱いてやろうか 色恋ぬきで
ただ行きずりの 男のように
ひとり酒場で 呑んでるなんて
気が気じゃなくって ほっとけないよ

口べただから 心にもない
なぐさめよりも 手が先に出る
ひと晩呑んで とことん酔って
男のわかる 女になるがいい

抱いてやろうか 色恋ぬきで
おまえと俺の 愛情物語

ひと晩泣いて 夜通し泣いて
ひと皮むけた 女になるがいい

抱いてやろうか 色恋ぬきで
おまえと俺の 愛情物語
おまえと俺の 愛情物語

堀内孝雄と抱いてやろうかと歌詞について

以上が堀内孝雄 抱いてやろうかの歌詞です。

  • 堀内孝雄の楽曲一覧はこちらから
  • 抱いてやろうか関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

堀内孝雄 抱いてやろうかの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。