近藤晃央 ともしび ~いのちのうた~ 歌詞

近藤晃央 ともしび ~いのちのうた~の歌詞を提供しています。 『ともしび ~いのちのうた~』とは近藤晃央さんが2016/04/27に発売された楽曲です。

ともしび ~いのちのうた~ 歌詞

曲名:ともしび ~いのちのうた~

発売日:2018/3/4

歌手:近藤晃央

作詞:近藤晃央

作曲:近藤晃央

風がふくだけで ゆれる命
ためされるかのような ただよう命

雨がふるだけで きえる命
もう限界か したたる命

ゆれる ともしび きえたその時は
この ともしび わけてあげるから

空気がないと きえる命
「まるで人のようだ」と 呼吸をする

きえてしまえば みえぬ命
生きたあかしだけ 呼吸をする

ゆれる ともしび きえるな つよくなれ
ぬれる ともしび そのつめたさ わすれるな

つなげ ともしび いくつもの命が
きみのなかで いまも ともってる

つなげ ともしび きみが ともしび

きみを みつめて 「キレイだね」と
子供のわらいがお みえるだろ

風がふくだけで ゆれる命
それでも きえない たたかう命

近藤晃央とともしび ~いのちのうた~と歌詞について

以上が近藤晃央 ともしび ~いのちのうた~の歌詞です。

  • 近藤晃央の楽曲一覧はこちらから
  • ともしび ~いのちのうた~関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

近藤晃央 ともしび ~いのちのうた~の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。