石原詢子 武田節 歌詞

石原詢子 武田節の歌詞を提供しています。 『武田節』とは石原詢子さんが2007/10/24に発売された楽曲です。

武田節 歌詞

曲名:武田節

発売日:2018/3/4

歌手:石原詢子

作詞:石原詢子

作曲:石原詢子

甲斐の山々 陽に映えて
われ出陣に うれいなし
おのおの馬は 飼いたるや
妻子(つまこ)につつが あらざるや あらざるや

祖霊まします この山河
敵にふませて なるものか
人は石垣 人は城
情けは味方 仇は敵 仇は敵

「疾(と)きこと風の如く、
徐(しず)かなること林の如し
侵掠すること火の如く、
動かざること山の如し」

躑躅(つつじ)ヶ崎の 月さやか
うたげを尽せ 明日よりは
おのおの京を めざしつつ
雲と興れや 武田武士 武田武士

石原詢子と武田節と歌詞について

以上が石原詢子 武田節の歌詞です。

  • 石原詢子の楽曲一覧はこちらから
  • 武田節関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

石原詢子 武田節の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。