堀内孝雄 三色幻燈 歌詞

堀内孝雄 三色幻燈の歌詞を提供しています。 『三色幻燈』とは堀内孝雄さんが1991/06/01に発売された楽曲です。

三色幻燈 歌詞

曲名:三色幻燈

発売日:2018/3/4

歌手:堀内孝雄

作詞:堀内孝雄

作曲:堀内孝雄

夜の風が カタカタと
ガラス窓を叩いてる
そうね 季節が
変る頃になったわ

サン・ザ・ロック 前に置き
煙草ばかり 吸(す)うひとに
話しかけても
恋に変らないけど

あきらめて何になるでしょう
さよならは 心を削るだけ
愛と涙と溜息の
三色幻燈 うつしましょう

いつも二分 遅れてる
手巻き時計 見つめてる
どんな 想い出
それにあるのでしょうか

酔えば 少しうちとけて
歌ううたは ボブ・ディラン
風に吹かれて
どこか遠い目をする

悩んでも仕方ないでしょう
うつむけば 昨日が見えるだけ
愛と涙と溜息の
三色幻燈 うつしましょう

あきらめて何になるでしょう
さよならは 心を削るだけ
愛と涙と溜息の
三色幻燈 うつしましょう

堀内孝雄と三色幻燈と歌詞について

以上が堀内孝雄 三色幻燈の歌詞です。

  • 堀内孝雄の楽曲一覧はこちらから
  • 三色幻燈関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

堀内孝雄 三色幻燈の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。