PIZZICATO FIVE 野いちご 歌詞

PIZZICATO FIVE 野いちごの歌詞を提供しています。 『野いちご』とはPIZZICATO FIVEさんが1999/11/20に発売された楽曲です。

野いちご 歌詞

曲名:野いちご

発売日:2018/3/4

歌手:PIZZICATO FIVE

作詞:PIZZICATO FIVE

作曲:PIZZICATO FIVE

夏の朝の
寒い朝の
霧の中を
ふたりドライブした

誰もいない
何処かの街
海の近く
ずっとドライブした

とぎれとぎれ
ラジオの音
いつの間にか
遠くまで来たの

寒い朝は抱きあって
くちづけをするのが
当たり前になるの
口の中にひろがるのは
野いちごの味

夏の朝の
寒い朝の
霧の中を
ふたりドライブした

女の子は
いつだって
前兆もなく
泣いたりするけど

夏はすぐに終わるのに
ここでふたりはまだ
恋をしてるなんて
子供みたい
乱暴なキス
野いちごの味

夏はすぐに終わるのに
ここでふたりはまだ
恋をしてるなんて
ふたりはまだ
恋をしてるなんて

PIZZICATO FIVEと野いちごと歌詞について

以上がPIZZICATO FIVE 野いちごの歌詞です。

  • PIZZICATO FIVEの楽曲一覧はこちらから
  • 野いちご関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

PIZZICATO FIVE 野いちごの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。