PIZZICATO FIVE 戦争は終わった 歌詞

PIZZICATO FIVE 戦争は終わったの歌詞を提供しています。 『戦争は終わった』とはPIZZICATO FIVEさんが1999/11/20に発売された楽曲です。

戦争は終わった 歌詞

曲名:戦争は終わった

発売日:2018/3/4

歌手:PIZZICATO FIVE

作詞:PIZZICATO FIVE

作曲:PIZZICATO FIVE

電話のベルの音
鳴り止むのを聞いて
目を醒ました
午後2時過ぎ
雨が降ってる

くしゃくしゃの髪と
くしゃくしゃの手紙
ゆうべ書いて
破り棄てた

ゆうべ飲んだワインと
ウィスキーのグラス
吸い殻が溢れた
灰皿のそばを
猫が歩く

戦争はどうして
終わらないのかな
戦争はどうして
なくならないのかな

二日酔いの日には
音楽は要らない
何を聴いても
嫌いになる

郵便物の束
封を開けて棄てて
お茶を飲んで
午後が終わる

ゆうべ電話をかけた
新しい恋人
あなたのこと考えて
夜が来るのをただ
じっと待ってた

戦争はきょうも
終わらないのかな
戦争はたぶん
なくならないのかも

戦争はどうして
終わらないのかな
戦争はどうして
なくならないのかな

お金持ちばかりが
集まるお店で
晩ごはんを
誘われたの

ゆうべ着ていた服は
たぶんもう着ない
新しい服に
着替えて出かける
お金持ちになるのは
ねえ、どんな気分なの
お金持ちの友だちに
きいてみよう

戦争はたぶん
終わらないのかな
戦争はたぶん
なくならないのかも

PIZZICATO FIVEと戦争は終わったと歌詞について

以上がPIZZICATO FIVE 戦争は終わったの歌詞です。

  • PIZZICATO FIVEの楽曲一覧はこちらから
  • 戦争は終わった関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

PIZZICATO FIVE 戦争は終わったの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。